美容に最適

ワンウェイボトルって何?

何十年か前の日本では水道水を当たり前のように飲み水として使っていました。
それがここ数十年の間に水質汚染の影響から水道水の水質を保つために塩素などが多く使われるようになりました。
そのため匂いや味に違和感を感じる人が増えました。

それから多くの地域で飲み水は、買うものという習慣がつき始めました。
それと同時に需要が増えたのがウォーターサーバーです。
ウォーターサーバーは、会社などの企業や病院関係、美容院、商業施設の場で広まりました。

いろんなところで見かけるようになったことで、一般市民でも使用する機会が増えました。
おいしい水を毎回買うことは大変な作業なため、自宅に置けたらと家庭用のウォーターサーバーの需要が高まりました。
ウォーターサーバーというと、メーカーさんが定期的に訪問して、お水を届けてくるというイメージです。

そして新しい水を受け取った時に空のボトルを渡すものだと思っている人が多いです。
CMなどでよく見かける光景なので、実際使ったことがない人は、そういうものだと思いこんでいます。
しかしウォーターさバーに使用されるボトルの種類は、主に二種類あります。

再利用法タイプのガロン方式と使い捨てタイプのワンウェイボトル方式です。
ワンウェイボトルとは、ボトルを送っても戻ってこない一方的なものという意味で使用されています。
使い捨てのメリットといえば、一番は返却の手間や時期などを気にすることなくお水を飲むことができるということです。

また空のボトルの保管場所にも困りません。
PET樹脂など柔らかい素材を使用しているので、小さく畳んで資源ごみと一緒に捨てることができます。
さらに真空状態になっているものが多いので、水を使用した際に外気がボトル内に入ることがあまりありません。

なので水質を保ちながら最後までおいしい水を味わうことができます。
一番のデメリットは、使い捨てなので再利用に比べてコストがかかってしまうため、一本当たりの金額が高いということです。
一家族で水を使用する量が多い家庭では、ボトル代の負担が大きくなってしまいます。
なのでリサイクルタイプのガロン方式を選ぶ人が多いです。
ただし、ワンウェイボトルの場合は、常に新品のお水が届くので、衛生面など心配することなく使用することができます。

Copyright(C) 2013 人間には欠かせない大切な水を管理 All Rights Reserved.