美容に最適

ウォーターサーバーの温水の温度は何度くらい?


ウォーターサーバーは販売当初は、企業専門に置かれていることが多かったです。
会社や病院や商業施設などでウォーターサーバーが当たりまえのように置かれるようになりました。
なので普段ウォーターサーバーがない家庭の人でも、ウォーターサーバーの水を飲む機会がとても多くなりました。

我が家にもウォーターサーバーはありませんが、薬局に行くとウォーターサーバーが置いてあります。
薬の調合をしている間に3歳の息子は、真っ先にウォーターサーバーの水を飲みたがります。
普段水を飲むよりも牛乳やお茶が好きな息子ですが、水のおいしさが分かるのか必ず飲みたがります。

子どもは味に敏感ですから、水がおいしいと感じる温度が保たれているのもおいしく感じる要因でしょう。
ウォーターサーバーの普及の一つの要因として、温水機能が使えるということです。
お湯を沸かす手間がなく、簡単にお湯を使うことができます。

電気ポットや電気ケトルなどはいらない生活になります。
そんなウォーターサーバーの温水は何度ぐらいなのでしょうか。
各メーカーによって多少の温度の違いはあります。

平均的には、80℃から90℃の設定になっているようです。
暖かいものが飲みたいという時に使用するには十分の温度といえます。
例えば、緑茶などは90℃のお湯で入れると一番おいしく飲めるといわれています。

玉露や煎茶の場合は、50℃から70℃が適温です。
ウォーターサーバーのお湯では熱すぎるため、早めに入れて冷ましておくか、冷水を使用します。
冷たい水もすぐに使えるので、温度調整もしやすいのが一番のメリットです。

また食後のコーヒーなども、85℃から90℃が適温といわれているのでちょうど適した温度になります。
特にまだミルクを飲んでいる赤ちゃんの家庭では、ミルクの調合がとても簡単です。
大泣きしている赤かちゃんをあやし長らミルクを作るのはとても大変です。
作ったとしても熱くてのめれないため冷ます為に時間がかかります。

まっている間は、ますます赤ちゃんの機嫌が悪くなり大変です。
ウォーターサーバーならすぐに適温のミルクを作ることができ、与えることができます。
夜中の授乳にも助かりますし、何より安全な水で作ったミルクだから体にも負担がかかることなく飲ませてあげられます。
チャイルドロックなどもあるので、子どもが火傷する可能性も低く安心してウォーターサーバーのお水を楽しむことができます。

Copyright(C) 2013 人間には欠かせない大切な水を管理 All Rights Reserved.