美容に最適

ウォーターサーバーの基礎知識

昔は水は水道水をそのまま飲むのが当たり前でした。
今でも田舎の方では水道水を飲んでも何の問題なく飲める家庭もあります。
しかしそれはごく限られた地域の話です。

首都圏や大都市から近い所に住んでいる人の多くは、水道水を直接飲んでいるという人はとても少ないです。
直接水を飲む場合は、ミネラルウォーターを購入したり、浄水器などを使ってろ過された水を飲む人が多いです。
それだけ一般の水道水には、不安と感じる要素がとても多くあるということがいえます。

なので多くの家庭ではミネラルウォーターなどを購入して飲み水としている家庭が多いです。
ただし、女性にとってミネラルウォーターを何本も持ちながら買い物するのは大変です。
ましてや子供と一緒に買い物しているときなど、荷物が増えてたり重くなったりするのはとても大変です。

そこで今多くの家庭で取り入れているのがウォーターサーバーです。
ウォーターサーバーは病院や会社など企業に設置されるものと思いがちです。
しかし今では一般家庭での需要が高まり、自宅でいつでも安心しておいしい水が飲めるようになりました。

そして何より、重たい水を買いに行く手間が省け自宅まで定期的に運んできてくれるので、切らすことがなくおいしい水を飲むことができます。
ウォーターサーバーは基本的にほとんどのメーカーが本体はレンタルという形になっています。
なので毎月リース代が発生します。

それと一緒に毎月注文したボトルの本数分の料金が上乗せされます。
後は、年にメンテナンス料が発生する場合とそうでない場合があります。
これらの料金設定やシステムに関しては、ウォーターサーバー会社によって大きく異なります。

また水の種類に関しては、RO水か天然水のどちらかになります。
RO水はRO膜というフィルターを使用して濾過された水のことを指します。
水の中の不純物をほとんど取りきり、ミネラル成分を加えられています。

衛生面や安全面を重視する人にお勧めです。
また天然水の場合は、自然の湧水を使用しているため、豊富なミネラル成分と水の味を楽しみながら飲むことができます。
最後にボトルに関しての違いです。

メーカーによって異なりますが、使い捨てタイプか交換タイプに分かれます。
使い捨てタイプは飲み切れれば捨てられるため保管場所をとらせません。
その分価格は高いものが多いです。
交換タイプは、注文と同時に回収されること多く保管場所が必要ですが、ボトル代が安いというメリットがあります。
水の使用量、衛生面など何を重視するのかによって、選択肢が異なります。

Copyright(C) 2013 人間には欠かせない大切な水を管理 All Rights Reserved.