美容に最適

ウォーターサーバーの品質ってどこも一緒?

水も今では水道水ではなく、買う時代へと変わってきました。
数十年前までは水道水も違和感なくおいしく飲むことができていました。
しかし水質の安全性を確保するために塩素などを使用して水質を保つようになりました。

それから塩素ならではの、匂いや味の変化を感じるようになりました。
今飲み水は買う時代へと変わってくると、スーパーやコンビニなどでいろんな水を購入することができるようになりました。
軟水から硬水、天然水やRO水など幅広い中から自分の好きなものをえらぶことができます。

それはウォーターサーバーでも同じことがいえます。
http://www.unitedamericancommittee.org/wo.htmlにも書いてあるように、以前に比べてウォーターサーバーを扱う業者もとても増えてきました。
そこで、どの業者も水の違いはほとんどないのではと思っている人が多いのではないでしょうか。

見た目はほとんど変わらなくても、水に対するこだわりはそれぞれの会社が一番こだわっているところです。
なぜならやはりお水の良さが業者を決める一番の決め手になるからです。
それではどのような品質の違いがあるのでしょうか。

まず一番の違いは水の種類です。
天然水かRO水のどちらかを扱っている場合が多いです。
天然水の場合は、全国で有名な名水を確保し手宅配しています。

自然の水ならではのミネラル成分が豊富に含まれているので、まろやかな味わいになります。
天然水はミネラル成分によって、口当たりや味など微妙に異なります。
なので飲みやすいと感じる天然水を見つけることが大事です。
また、ミネラルウォーターのメリット・デメリットもしっかり知っておきましょう。詳しくはhttp://www.waterfrontwine.com/meri.html

天然水といっても、各メーカーで放射線の含有量や食品安全マネジメントシステムの国家規格をクリアしているものもあります。
会社独自に天然水の品質を保っているところもあり、安心して飲める水を提供してくれています。
またRO水の場合は、RO膜という半透膜に対して圧力を与えることで純水へと変えていきます。

とても高い除去能力があるので、水に含まれる不純物や細菌などを除去してくれます。
なので細菌などの感染によわい赤ちゃんや高齢者がいる家庭では、安心してお水を飲むことができます。
特にRO水の場合は、NASAでも使用されている水としても有名です。
こちらに赤ちゃんが水分の多い関係という興味深い記事がありました。是非参考にご覧ください。

Copyright(C) 2013 人間には欠かせない大切な水を管理 All Rights Reserved.