美容に最適

ウォーターサーバーのデメリット

どんなものでもメリットがあれば、デメリットもあります。
ウォーターサーバーの設置を検討している人は、デメリットもよく考えたうえで決めましょう。
設置してからやっぱり失敗したと後悔するのだけは誰もが避けたいことです。

デメリットも理解して、納得したうえで設置しましょう。
まず一番デメリットであげることが費用の問題です。
費用に関しては二つあげられます。

まず一つは、電気代です。
ウォーターサーバーでは、水質を保つために24時間常に稼働し続けなくてはいけません。
なので冷蔵庫と一緒で常に使い続けているので電気代が発生します。

およそ一カ月1000円の電気代がかかります。
一年にすると12000円となり大きな費用になってしまいます。
ただし、家庭で電気ポットを使用している人や電気ケトルを使っている人は、これらの家電製品を使用することが無くなります。

また夏などは冷たいものが飲みたくて冷蔵庫を頻繁に開け閉めして電気代がかかる人が多いです。
このような行動が多い家庭では、その分の電気代が浮くのでウォーターサーバーの電気代もそこまで負担ではないかもしれません。
そしてウォーターサーバーの種類によっては、省エネタイプのものもあり、毎月30%から50%節電できるタイプのものもあります。

もう一つの費用はボトル代です。
今までどのぐらいの水を毎月購入していたのかにもよります。
実際ウォーターサーバーを使用し始めた家庭では、思った以上にボトル代がかかってしまう人が多いようです。
水がおいしいため、以前より水を良く飲むようになったり、料理などにも使用することが増えたことも要因としてあげらえます。

そして注文する際にも一本づつ購入することができません。
最低でも2本から4本単位のケースで購入しなくてはいけません。
なので一回当たりの購入金も高くなってしまう場合があります。

また一人暮らしの場合は、その逆に飲みきれなくて無理に消費しなくてはいけない場合もあります。
定期的に注文しなくてはいけないため、水がどんどんたまってしまうという人もいます。
もう一つの大きなデメリットはウォーターサーバー設置場所です。

ウォーターサーバーは家に置くと意外に大きく高さもあるため圧迫感を感じます。
設置場所も熱源の側や直射日光、湿度の高い場所、屋外の設置はできません。
そして電気回線の近くとなると置く場所は限られてきます。

そしてもうひとつは一度に何本かまとめて届くため、使用しない分のボトルを置く場所をキープしなくてはいけないということです。
ボトルが交換タイプのものであれば、からのボトルを回収してもらわなくてはいけません。
その回収してもらうまでの間保管しておく場所も必要です。
これらにデメリットを考えながらウォーターサーバーの設置を考えましょう。

Copyright(C) 2013 人間には欠かせない大切な水を管理 All Rights Reserved.